<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
あなたの悩みを今すぐ診断!!

qr.jpg

離婚カウンセラー&I(愛)・修復プランナー 米山恵美先生が
あなたの夫婦問題、浮気・不倫問題を
無料スピード診断いたします!!

写真.JPG
スタッフのなつです。宜しくお願いします。

浮気と本気

神奈川県横浜市泉区弥生台にあります

I(愛)・修復プランナー
&
離婚カウンセラー

米山恵美 の

夫婦問題相談室 横浜 Heart space と

浮気・不倫被害者救済センター

スタッフのなつです。

よくよく、このブログでも書いておりますが

浮気・不倫期間中の
シテいる側の状態

【ラリ状態・ラリ期】

があります。

浮気・不倫中はこの状態が
思いの外長く続きます。

しかし、ある時を境に

【ラリ状態】から

【本気】

へと移行します。

・浮気相手の妊娠

・長い間ほったらかし状態

・浮気を止めてくれる者の不存在

これが要件です。

【浮気を止めてくれる者の存在】

これは、パートナーですよね。

しかし【3ない運動】に
精を出してしまってます。

【長い間ほったらかし状態】

これもパートナーが原因です。

しかし【良い妻になる運動】に
精を出し自分しか見ていません。

気持ちが全くこもっていない。

そりゃそうですよね。
努力と言う名の我慢ですから。

こんなのはどんな男だって気付きます。

【浮気相手の妊娠】

上記2つに精を出していれば
人ごとではないはずですね。

そして、

浮気や不倫をサレた側の方
あなたも

【ラリ状態・ラリ期】

に陥っている事をお忘れなく。

倫理観がどんどん低下していきます。

その状態で始めた

【3無い運動】

【良い妻になりましょう運動】

決定打です。

ラリってしまったサレた側の方
の判断材料があります。

『浮気なら良いんです。
 本気じゃなければ。。。』

この台詞です。

はたしてあなたは大丈夫??

ランキング参加してます!! 更新の励みになります。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ    


夫婦問題相談室 横浜 Heart space HPへ

夫婦問題相談室・横浜Heart space内 浮気・不倫被害者救済センターHPへはこちらからどうぞ。

qr.jpg
2010.10.07 Thursday 12:09 | comments(0) | - | 

夫婦のSEX事情

 神奈川県横浜市泉区弥生台にあります

離婚カウンセラー 愛・修復カウンセラー
米山恵美の

夫婦問題相談室 横浜 Heart space と

浮気・不倫被害者救済センター

スタッフのなつです。

先に一言だけ言わせて下さい。

エロブログではありませんので
題名だけで来てしまった人がいましたら
お引取り下さい。

ではでは

男と女のSEXの違い。

男は性欲の次に安心。

女は安心の次に性欲。

ではないでしょうか。

男は年齢を重ねるごとに
性欲は減退していきます。

女は年齢を重ねるごとに
本当の意味でのSEXを知るため
旺盛になっていきます。

男性諸君、若い10代の頃を
思い出してみて下さい。

毎日、射精を繰り返しても
足りない。

そして彼女ができれば
毎日のように求める。

そして、SEXを断られた場合
決まってキレてませんでしたか?

そして女性の方々
若い時はSEXがさほど好きではなく
年齢を重ねるうちに
本当の素晴らしさが判りだし
旦那様に自分から求めた所
断わられ、ショックを受けてませんか?

また、旦那様が浮気をしているのではないか?

と不安な日々を過ごしてませんか?

ある書物によりますと
10代男性の性欲と
40代女性の性欲が
ばっちりと合うそうです。

しかし、10代の男に走る訳には
いきませんよね。

自ずとセックスレスになってしまいます。

そんな時どうするべきか?

色々と試してみませんか?

ラブホテルへ行くでも良いし
大人のおもちゃを購入してみるのも
たまにはコスプレをしてみるのも
良いかもしれません。

気分を変えて2人で
とびっきりお洒落をして
高級フレンチに行ってみるとか
デートへ出かけるのも
良いですね。

とても大事な事ですよ。

ラブラブ大作戦!

一日一回はキスしましょう。

可能な限り、一緒にお風呂に入りましょう。
ランキング参加してます!! 更新の励みになります。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ    


夫婦問題相談室 横浜 Heart space HPへ

夫婦問題相談室・横浜Heart space内 浮気・不倫被害者救済センターHPへはこちらからどうぞ。

qr.jpg
2010.03.24 Wednesday 15:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 

あなたDV被害者だよ?

 神奈川県横浜市泉区弥生台にあります

離婚カウンセラー 愛・修復カウンセラー
米山恵美の

夫婦問題相談室 横浜 Heart space と

浮気・不倫被害者救済センター

スタッフのなつです。

桜がちらほらと咲き始めましたね。

横浜の泉区に西林寺という
枝垂桜が全国的に有名なお寺があります。

満開になりましたらUpしますので
お楽しみに。

では、今日は
DVに関してもう一記事。

DVは多くのパターンが

蓄積期

爆発期

ハネムーン期

の3つのパターンを繰り返します。

このパターンにより被害者は
精神的にぶっ壊されてゆくのです。

3つのパターンについては
たくさんネットでも情報が流れているので
割愛します。

先日、古くからの知り合いの方と話をしました。

その方は現在結婚しているのですが
2度目の結婚です。

離婚事由はDVでした。

そして、今のご主人様からも
暴力を受けていました。

話によると今は暴力はならしいですが・・・

その方に

「あなたはDV被害者だよ!!
 考えた方がいいよ。」

と伝えた事があります。

しかし、その方からの返事は

「私が生意気だから
 彼を怒らせてしまうの。
 だって普段はとても優しいのよ。
 彼に暴力をさせてしまう原因は
 私にあるの。
 私が悪いの。」

と、とても幸せそうな顔で言います。

顔はとてもやつれてるんですけどね。

自分自身がDV被害者かも??
と感じているうちはまだ救いようがあります。

が、しかしその部分を越えてしまうと
その方のように、真実が見えなくなって
しまうんです。

そして、一度DV被害に合われた方は
その後、しっかりしたメンタルフォローを
受けない限り、本当の感覚を思い出せません。

しっかりしたメンタル面のフォローを受けない限り
一生被害者を繰り返すと言っても過言ではありません。

DV加害者から距離を置かせるだけでは
DV被害者を救えないのです。

例に出した方と同じ状態の人は
たくさんいます。

自分自身を取り戻していないが為に
同じ状態を作り出してしまうというか
ハネムーン期の幸せを味わってしまっているので
同じような相手を求めてしまうのです。

このDVという問題は、ちょっとやそっと勉強したぐらいでは
立ち入ってはいけない問題です。

ましてや、元々DV被害者だった人が
相談に乗っているという怖い現実もあります。

このような立場の人は、自分自身が抜け出せたと
勘違いしている場合がとても多いです。

同調はできても問題解決はできません。

言ってはいけない一言

「それくらいいいじゃない。
 私なんてこんなにひどかったのよ!」

という不幸自慢をしたりします。

とにかくDV被害に遭われて
身体的暴力から開放された方は
いち早くセラピー等を受けメンタル面での
自分自身の取り戻し作業を
すぐに行って下さい。

Heart spaceではDVのみのご相談は
お受けしておりません。

自分自身の取り戻し作業を
行いたい方は良い先生をご紹介致します。
ランキング参加してます!! 更新の励みになります。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ    


夫婦問題相談室 横浜 Heart space HPへ

夫婦問題相談室・横浜Heart space内 浮気・不倫被害者救済センターHPへはこちらからどうぞ。

qr.jpg
2010.03.22 Monday 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

旦那がDVなんです。 その2

 神奈川県横浜市泉区弥生台にあります

離婚カウンセラー 愛・修復カウンセラー
米山恵美の

夫婦問題相談室 横浜 Heart space と

浮気・不倫被害者救済センター

スタッフのなつです。

では昨日の続きから

「旦那がDVなんです。
 でも別れたくないのです。」

というご相談が入りました。

このご夫婦は
夫38歳 妻36歳
結婚10年目
お子様 2人(長男9歳 長女7歳)
です。

普通のご夫婦ではありましたが
先週、ご主人から殴られたとの事。

今は暴力が収まってはいるが
奥様自身、いつまた暴力を振るわれるかが
怖くてたまらないそうです。

どんな時に暴力にまで発展するのかを
聞いてみますと、なかなか原因を言いません。

質問を変えて

ヨネ「なんで、別れたくないの?」

奥 「子供達の為に・・・」

この理由ですと米山は
トータルサポートを受けません。

場を和まし、もう一度DVの話題に

ヨネ「どんな時に旦那さんは暴力を振るうの?」

奥 「どんな時っていうか・・・
   その時一度だけなんです。」

ヨネ「継続的ではないのね。
   じゃ言葉の暴力とかは?」

奥 「感じた事はありません。」

ヨネ「その時になにがあったの?」

奥「実は私の浮気がばれたんです。
  その時に殴られました。
  でも、本当に怖いんです。
  今、離婚を要求されています。」

纏めるとこんな感じです。

昨年、奥様はパート先の男性と
不倫関係になりました。

半年くらい続いたでしょうか。

その間、ご主人様が
探偵社に依頼して
証拠をばっちり上げられたそうです。

先週、ご主人様が
奥様へ追求を試みました。

証拠も並べてです。

旦那様はとても冷静に話をしたそうだです。

旦那「なんで浮気なんかしたんだ?」

奥様「淋しかったのよ・・・」

旦那「一言言ってくれれば良いじゃないか。」

奥様「言える訳ないじゃない!!
   あなたに言うことなんかないわよ!!
   その上、探偵だか興信所だかしらないけど
   調べるようなまねして、気持ち悪い。
   相手の人に何かしたら離婚します!!」

次の瞬間。

ばち〜ん。

旦那様は奥様の事を殴りました。

旦那「わかった。今すぐ出て行け。」

奥様「わかったわよ。
   こんなDV夫の近くにはいられない。
   出て行くわよ!!」

と言い、家を飛び出したらしいです。

その後は実家へ身を寄せ
1週間経ったそうです。

なんとも、言葉が詰まってしまう相談ですね。

現代は、DV法があり弱者保護が進んでおります。

それに伴いシェルターなどの保護施設も
出来ております。

DV問題専門の相談員もいるくらいですから。

この手の問題は、情報先行型ですので
なんでもかんでも当てはめてしまう。

殴られたらDV。

怒鳴られたらパワハラ・モラハラ。

よくないですね。

このご主人は決してDV加害者ではありません。

奥様が悪い事して、その事について
謝罪も反省もせずにいるから殴られた。

いいじゃないですか。

殴るでしょ。普通に。

被害者ぶるのはいい加減にしなさい!!
ランキング参加してます!! 更新の励みになります。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ    


夫婦問題相談室 横浜 Heart space HPへ

夫婦問題相談室・横浜Heart space内 浮気・不倫被害者救済センターHPへはこちらからどうぞ。

qr.jpg
2010.03.20 Saturday 18:56 | comments(2) | trackbacks(0) | 

旦那がDVなんです。

 神奈川県横浜市泉区弥生台にあります

離婚カウンセラー 愛・修復カウンセラー
米山恵美の

夫婦問題相談室 横浜 Heart sace と

浮気・不倫被害者救済センター

スタッフのなつです。

昨日、ご相談が入りました。

「旦那がDVなんです。
 でも別れたくないのです。」

当相談室へのご依頼の9割強は
夫婦修復・夫婦再構築です。

そして、不倫・浮気問題が大半を占めております。

と言いますか、結果が浮気・不倫問題だったという
パターンも多いですけどね。

離婚カウンセラー 米山恵美のもう一つの肩書きが

愛・修復カウンセラーです。

夫婦修復・夫婦再構築を行う上で
一番大切な事は
事実を知ること
コレ抜きでは、絶対に不可能です。

事実を知らないと言う事は
嘘があると言う事です。

嘘の上に築いたものなんて
すぐにぶっこわれます。

今までのご相談で、米山が

「原因は恐らく相手の浮気だよ。」

とのご助言をした場合

確立は100%。

それを言われた相談者様は

「それだけは絶対ないです。
 先生は旦那(嫁)の事を知らないから!!」

と言われる方もおり、必ず怒って帰られます。

もちろん、浮気の発見方法を教えますけどね。

その後早くてその日中、遅くても1ヶ月以内には

「先生の言った通りでした。」

とまた訪ねて来られます。

そして

「先生は何でわかったのですか?」

とも尋ねられますが

そこはトップシークレットということで。。。

その部分、原因となっている部分を見抜けないようでは
夫婦問題のご相談をお受けする資格がありませんよね。

あらら話が逸れてしまいました。

続きは明日更新しますね。



ランキング参加してます!! 更新の励みになります。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚・別居へ    


夫婦問題相談室 横浜 Heart space HPへ

夫婦問題相談室・横浜Heart space内 浮気・不倫被害者救済センターHPへはこちらからどうぞ。

qr.jpg
2010.03.19 Friday 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 5 PAGES | >>
このブログ内の検索